サイズが合わない、流行遅れ・・・でも、もったいなくて捨てられない。そんな洋服が文字通り“タンスの肥やし”になっている人は多いのではないでしょうか。近頃は、リサイクルショップに売ったり、ネットオークションに出品したりするなど、処分する方法もたくさんありますね。でも、大切な洋服は処分するのではなく、サイズやデザインを少し変えて、もう一度着てみたいと思いませんか?今日は、自分でできるリメイクリフォームの方法やアイデアについて特集します。

リメイクで変身!子供服・ベビー服(All About)
子どもはすぐ大きくなるので、「まだ数回しか着てないのに」サイズが合わなくなることがありますね。こちらでは、小さくなった子ども服を簡単にリメイクする方法を解説しています。

Yururism.net
リメイクの達人・渡曾竜也さんのリメイク術を紹介。特別な道具がなくても、30分以内で作ることができるラクラク工程なので、ぜひ参考にしてください。

リメイクに挑戦! オリジナル服を作ろう。(Yahoo!オークション)
古着ショップ「PANAMABOY」によるリメイク特集ジーンズをマイクロミニスカートに、ネルシャツをキャミソールにする方法などが写真入りで詳しく紹介されています。

リメ衣ク。
管理人の「まこ猫」さんが、さまざまなリメイク方法を実験して「これ良いなぁ」と思ったものを紹介。Tシャツだけでも「ハトメを使う」「脱色する」「ステンシル」など18種類ものケースを掲載しています。ジーンズやアクセサリーのリメイク情報も豊富です。

リメイク講座/リメイクしてみませんか
初めてリメイクをしてみようという方が手軽にリメイクを楽しめるように、リメイクの考え方やリメイクの手順を載せているリメイク講座をブログにて開催。物を大切にする気持ちの伝わります。

以前、忙しい女性のためのブログで「ユニ隠し」について紹介したことがあります。ユニ隠しとは、「ユニクロ」を着ていることが周囲にばれないようにリメイクすること。リメイクが流行っているとはいえ、新品の服にハサミを入れる勇気はありませんでした。でも、もう何年も着たデニムやサイズが合わなくなった子供服なら、リメイクする価値は十分にあるかも。ぜひ、お試しください。(UN)




この記事をはてなブックマークに追加 この記事をlivedoorクリップに追加 この記事をBuzzurlに追加 この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事をdel.icio.usに追加

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bw.blog123.jp/cgi-bin/mt4/bw-tb.cgi/1369

コメントする

トラックバック

RSS   Powered by Movable Type 4.22-ja