新型インフル:ワクチン接種は原則2回 追加試験で変更も(毎日.jp)
新型インフルエンザのワクチン接種回数は、1回でいいのか、2回にするのか・・・。厚生労働省の方針がやっと決まりました。

毎日、話題のニュースを2つピックアップしてBW(Busy Woman)にお届けする「すぐわかるニュース」。新聞を読む暇のないBWもここを読めばOK!?

厚労省は当初、全員2回接種としていた新型インフルエンザワクチンでしたが、10月16日に開かれた専門家会議では「回で十分な免疫効果が得られる」とされ、13歳以上を1回接種に変更(イザ!)。ところが10月19日に足立信也厚労政務官が別の専門家を加えた会議を招集し、最終的にはまた「原則2回」と当初の方針に逆戻り。二転三転する方針に、医療現場からは困惑の声が上がっているそうです。

接種時期は、現在進められている医療従事者に次いで、妊婦と基礎疾患のある方が11月前半。その後、未就学児、低学年の小学生、0歳児の保護者と進められ、高学年の小学生と中学生は2010年1月下旬の予定となるそうです。

ワクチンを待っている方が大勢いるのですから、国の進め方で現場が混乱することがないようにして欲しいものです。(UJ)



<10月21日:そのほかの本日のニュース>
「メロディーコール」「EZ待ちうた」など、リングバックトーンの人気上昇中

※ニュースのURLは2009年10月21日現在のものです。


この記事をはてなブックマークに追加 この記事をlivedoorクリップに追加 この記事をBuzzurlに追加 この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事をdel.icio.usに追加

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bw.blog123.jp/cgi-bin/mt4/bw-tb.cgi/1447

コメントする

トラックバック

RSS   Powered by Movable Type 4.22-ja