めったに起こるものではありませんが、交通事故や隣人トラブル、家庭内問題などでこじれると、法的解決が必要になる場合があります。そんなときはどこに相談したらいいのか、知っておくだけでも心強いもの。ここでは、トラブル解決するための法律相談窓口や、実例などを紹介しています。相談するときには、経緯や内容を分かりやすくまとめておくのがポイントです。

いざというときの法的トラブル解決支援マップ(NAVERまとめ×弁護士ドットコム)
身近に起こりうるトラブルを、家庭や会社・学校、外出先など発生場所別に見てみましょう。日常に潜むリスクを知っておくことも大切です。

お役立ち情報・法テラス(政府広報オンライン)
法的なトラブルの解決を支援する国の機関として「法テラス」(日本司法支援センター)があります。どこに相談したらいいかわからないときは、問い合わせてみるといいでしょう。

裁判外紛争解決手続の認証制度(かいけつサポート)
裁判にすると大ごとになってしまいますが、トラブルの柔軟な和解解決を図る「裁判外紛争解決手続き(ADR)」という方法もあります。

法律相談センター『弁護士に相談するコツ』(札幌弁護士会)
実際に相談する前に、内容をまとめておくことはとても大切。こちらは弁護士相談の例ですが、相談窓口を利用する場合も同様です。

トラブルが悪化すると素人の手に負えなくなり、長引く恐れもあります。万一の場合は、ぜひ早めのご相談を!(SM)




この記事をはてなブックマークに追加 この記事をlivedoorクリップに追加 この記事をBuzzurlに追加 この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事をdel.icio.usに追加

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bw.blog123.jp/cgi-bin/mt4/bw-tb.cgi/3371

コメントする

トラックバック

RSS   Powered by Movable Type 4.22-ja