気象庁が今年12月から来年2月にかけての3カ月予報を発表しました。冬型の気圧配置が強まり、寒い冬となりそうです。

毎日、話題のニュースをピックアップしてBW(Busy Woman)にお届けする「すぐわかるニュース」。新聞を読む暇のないBWもここを読めばOK!

この冬は、アリューシャン低気圧が、例年より日本よりの位置で発達し、寒気が流れ込みやすくなるそう。「西高東低」の冬型が強まるため、北日本から西日本にかけての広い範囲で、気温が平年並みか低くなり、また日本海側の降雪量も、平年と同等か多くなると予想されています。その他の地域においては、気温・降水量ともに概ね平年並みとのことです。

日中に暑さを感じることもあり、冬の予報を聞いてもピンときませんが、急な寒さで体調を崩さないよう、備えをしっかりしておこうと思います。(KH)

「雪多く寒い冬」気象庁予報 12月~来年1月(SankeiBiz)



※ニュースのURLは2013年9月26日現在のものです。


この記事をはてなブックマークに追加 この記事をlivedoorクリップに追加 この記事をBuzzurlに追加 この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事をdel.icio.usに追加

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://bw.blog123.jp/cgi-bin/mt4/bw-tb.cgi/3479

コメントする

トラックバック

RSS   Powered by Movable Type 4.22-ja