「政治」の関連記事

2014年4月から8%に引き上げられることがほぼ確実となった消費税。ここでは家庭が受ける影響や、今からできる家計の見直しについてのサイトを紹介しています。増税前の駆け込み買いなどでは、損をしないよう十分気をつけましょう。
|
7月21日に各局で放送された第23回参院選の選挙特番。民放では、池上彰がメーンキャスターを務めたテレビ東京「池上彰の参院選ライブ」が10.3%の高視聴率を記録しました。
|
7月4日、第23回参院選挙が公示され、初の解禁となるネットでの選挙運動もスタート。Webサイトやブログ、SNSの活用が可能となった一方で、一般的なメールの利用は政党・候補者に限られており、有権者はTwitterやFacebookでのRT(リツイート)やシェア(共有)も制限されています。
|
2014年4月の消費税率引き上げに伴うスーパーなどのセール表示について、政府が統一見解を提示しました。広告や宣伝の表示に「消費税」という文言が含まれるケースは禁止とされており、関連が明確でなければ規制の対象とはならないそう。国会で審議中の消費税転嫁法案の成立後には、詳細なガイドラインが公表されることになっています。
|
女性で初めて英首相を務め、1979年から11年間に渡って保守党政権を担ったマーガレット・サッチャー氏(87)が、4月8日死去しました。新自由主義に基づく大胆な政策で、英国経済を復活させたと言われています。また国際的には旧ソ連共産主義を崩壊に導いたほか、フォークランド紛争での勝利などで、世界から「鉄の女」と評されました。
|
夏の参院選に向け、国会で審議が始まった「ネット選挙」法案。公職選挙法の改正により、インターネットを利用した選挙運動の解禁を目指すものですが、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?気になる審議の行方はここでチェックしておきましょう。また、ネットの効果的な利用でオバマ陣営が勝利した2012年の米大統領選についても紹介しています。
|
12月16日に投開票された、第46回衆院選で、自民党が圧勝し、3年3カ月ぶりに政権が交代することとなりました。民主党は野党に転落する一方、参議院では、自民・公明両党を合わせても過半数に届かないことから、他党との連携をすすめ、衆参のねじれを回避する動きが活発化しそうです。
|
ドワンゴの呼びかけで11月29日夜に開かれた「ネット党首討論会」に、民主党代表・野田佳彦首相や、自民党・安倍晋三総裁ら10党の代表が参加しました。議論の様子は「ニコニコ生放送」でライブ配信され、累計約140万人がニコ生のページに来訪。50万件以上のコメントが集まったそうです。
|
11月14日に行われた党首討論で、野田佳彦首相が「16日に解散します」と自民党・安倍晋三総裁に明言しました。民主党政権は政権交代からわずか3年余りで再び衆院選が行われることに。12月4日に次期衆院選公示、12月16日に投開票になります。
|
10月1日、改正郵政民営化法の施行により、日本郵政グループは、郵便事業会社と郵便局株式会社を再統合します。これに伴い、郵便事業会社の「ゆうゆう窓口」と、郵便局の窓口が一本化されることに。初日には全国52局で両窓口の統合を実施。2007年の郵政民営化で分離された業務も順次一本化していく予定です。
|
9月26日、自民党総裁選の投開票が行われ、安倍晋三元首相が石破茂前政調会長を破り、第25代新総裁に選出されました。5年ぶりに総裁に返り咲いた安倍元首相は、「5年前に首相を辞任した責任を胸に、政権奪還に向けて頑張りたい」と抱負を語った。
|
預けられたままの定期性郵便貯金など、政府が「休眠預金」を財源として活用を検討中とのこと。郵政民営化後の規定で、旧・郵便貯金の定期預金は、最長30年放置すると預金者の権利は消滅。国庫に移ってしまう恐れがあるそうです。
|
国民に個別の共通番号「マイナンバー」を割り当て、納税や社会保障など個人情報を集約管理する「社会保障・税共通番号制度」の導入が閣議決定されました。法案には、個人情報の漏えい防止に第三者機関の設置や、罰則規定も盛り込まれており、2014年6月にはマイナンバーを交付する予定。2015年1月からの利用開始を目指しているそうです。
|
3月の開講予定の「大阪維新の会」政治塾に、当初予定を上回る3326人の応募がありました。橋下徹大阪市長ら維新幹部が運営方針を協議し、会議後、維新幹事長の松井一郎大阪府知事は「この国の政治行政の制度をしっかり決めていきたい」と述べました。
|
センター試験を実施している大学入試センターが、平成14年4月から名称が変わる見通しです。文部科学省が所管する独立行政法人の再編・統合によるもので、これに伴い、大学入試センター試験の試験名も変更。内容を含めた抜本的な見直しも考えられるとのこと。今年トラブルが多発したセンター試験は、平成13年度については運営面での改善を検討するほか、大幅な変更はないそうです。
|
年末調整で渡される源泉徴収票ですが、今年は扶養控除などの税制改正もあり、記載内容も一部変わっているとのこと。こちらでは平成23年の源泉徴収票の見方や、年末調整について解説したサイトを紹介しています。実際に自分の控除内容がどうなっているのか、どんな基準で税額が決まるのか、じっくり確かめてみませんか?
|
厚生労働省が、65歳までの再雇用義務付け方針を明らかにしました。厚生年金の支給開始年齢が引き上げられたものの、定年後、年金を受け取る65歳まで、希望者全員が働ける環境が整っていないのが現状。同省では、2012年に高齢法改正案提出を目指しています。
|
インフルエンザのシーズンが到来しました。政府は新型インフルが発生した際の行動計画を改定。柔軟な検疫体制や診療面の明確化など、平成21年の新型流行時の混乱を省みた内容が盛り込まれているようです。
|
中川正春文部科学相は衆院予算委員会において、高校生向けに給付型奨学金を創設する方針を明らかにしました。これは、特定扶養控除額の縮減により負担増になった世帯や、低所得世帯の支援に対応。文科省は、大学生についても一定の要件を満たす学生に奨学金を支給する方向で調整しているそうです。
|
民主党が自民、公明両党との実務者協議で、子ども手当の支給に所得制限を設ける案を示しました。支給額を減額することで約4000億円の財源を捻出できるものとしています。自民党の石原幹事長は一定の評価を示したものの、公明党内では反対意見があり、7月25日の党常任役員会で対応が協議されます。
|

タグ

トラックバック

RSS   Powered by Movable Type 4.22-ja